FC2ブログ
自家焙煎珈琲豆専門店
      Chemineeへようこそ
もっともっとコーヒーを楽しみたい人の店です。
プロフィール

南矢島の煙突

Author:南矢島の煙突
2003年に珈琲豆専門店を創めるまで、30年近いサラリーマン生活の中で趣味として楽しんでいたコーヒー。客として探し続けた理想の店を具現化したら、こうなりました。みんな一緒に楽しみましょう。

住所 群馬県 太田市
        南矢島町817-1
電話 0276-38-6100
営業時間 10:00~19:00
水曜日・第一土曜日定休
 



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古いからこそ魅力的なもの
昨日はブログねたに行き詰っていたマスターの所に友人が新しい古い車でやって来た。

その友人にしてみれば新しい車なんですが、20年以上前のアルファロメオ75でした。

以前所有していたアルファ145が老衰で逝ってしまった後、確か156の中古を

探していた筈でしたが、何を血迷ったか2世代前の75にイカレてしまったとか。

それはともかく、ブログのねたにと思い写真をパチリ。

友人が帰ってから久々にブログの更新でもと、デジカメからメモリカードを抜こうとしたら

なな何と、入ってなかった。

パソコンに画像が取り込めず、今日も呼び出すことに。

マスターは最初からそのつもりで、「155とのツーショット撮ろうぜ」とメールを送信。

他に何かやる事ないのかいと思ってしまうほどのタイミングで飛んできました。

早速カメラに収めた画像がこれ

フロント

四角い顔のデザインは75から155へと継がれていますね。

リヤ

75が現役だった20年以上前にはどんな発想から描かれたデザインなんだろう?

なんてヘンテコな車なんだろう?

ところが、今となっては個性的なスタイルに魅力さえ感じてしまう。

サイド

おまけにサイドビュー。

物を大切にしない昨今の風潮は大いに反省すべきです。

良い物を長く大事に、そして最後まで使い切る事こそ環境への優しさと言えるのです。

古い車に上乗せされる自動車税なんてもってのほか。

少しでいいから返してほしいマスターでした。


スポンサーサイト
またまた反省
つい何かに夢中になるとブログの更新が滞ってしまう。

少ない人数とはいえ、覗いてくれる不憫なファンの為にも頑張らねば。

神秘

この神秘的な光のファンタジーは、マスターが朝豆を焼いていると焙煎室の壁に現れる。

晴れている日の、ごく限られた時間帯にしか見る事が出来ない。

最初はビックリしました。

「お前も一生懸命頑張れよ」と励ましてくれているようでした。

出現の謎解きはシュミネにて・・・・・、ではまた。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。